« 女性は全生涯が結婚適齢期 | トップページ | そんなはずでは »

平成ゴミ事情

_013_1 先日、大阪のムスメのマンションへ行った時、ムスメがゴミを出すのをみていると、、、黒い不透明なビニール袋になにもかも、ビールのカンだろうがお菓子の缶だろうが、詰め込んで捨てようとしているのに驚いた。

大阪湾のどこかの埋立地に持って行くからそれでいいのだそうである。私はゴミ置き場までついていったのだが、そこには黒い包みがゴロゴロと置いてあったけれど、中に何がはいっているかは、入れた当人のみぞ知る、ということであろうが、不気味な光景であった。

ついでムスコの住む福岡に行ってみたら、そこではゴミはかなり細かく分別されることになっており、私もほっとしたものである。ただし、野菜や果物などの皮もあっさりとゴミとして捨てられるのを見ると、おぉ、モッタイナイことよ、と胸が痛むのであった。

五島に帰ってきて私は心からキモチが落ち着くのを感じた。うちでは、土に還りそうなものはすべて土に戻すし、出すゴミの分別も徹底されている。この頃では薪ストーブで不要の紙類を燃やすようになったので、ゴミの量はかなり少なくなったのである。

数日前、海岸沿いの道路に車を停めてしばし人を待っていた。すると中年のおばさんが両手ナベを抱えて現れたので、私はこれはなにか、おでんかシチューか、何か食べ物をどこかへ届けにいくのであるな、と思いながら見ていた。

おばさんはスタスタと歩いて道路脇までやって来た。そしてあろうことか、ガードレール越しにナベの中身をボタボタ…ボタ とこぼしてしまったのであった。オォ!ノー!そんなことをしないでおくれ!このきれいな海を汚さないでよね!、、、、と叫びたかったけれど……黙って見過ごしたのでした。

|

« 女性は全生涯が結婚適齢期 | トップページ | そんなはずでは »

マイエコライフ」カテゴリの記事

コメント

私の住居のゴミ捨て場・・・分別はかなり細分化され、厳しいお達しも出ているのに、無視して出されたゴミの山。
警告シールが貼られて置いていかれるが、引き取る者は無く、数日後に自冶会の連絡で業者が持っていく(費用は、我々が払う自冶会費)。
それって、このまま黙認していていいのか・・・と、内心の立腹を抑えて、団地新入りは忸怩たる思いなのです。
日本人って、案外にモラルの低い民族なのです。

投稿: ばら色婆ァバ | 2006年11月12日 (日) 20時55分

ごみの出し方も地域差がありますね・・・^^;

投稿: つばき | 2006年11月12日 (日) 22時01分

モラル、、、そうでしょうね。都会では誰それさんのゴミとはまずわからないでしょうから、いい加減にしてしまうのでしょうね。

ゴミの出し方をいつまでも学習しない人もいるんですよね!

投稿: なぎさ | 2006年11月13日 (月) 08時58分

つばきさま

ご当地ではどうですか?
リサイクル出来る物はちゃんと集めて、資源を無駄にしたくないものですね。

投稿: なぎさ | 2006年11月13日 (月) 09時00分

ごみの出し方、いつまでも学習しない人 ナベショー
単身赴任中、赴任するところそれぞれ、分別の仕方、出し方、袋の色、
、不燃、資源ゴミ、、、みな異なってました。マンションなので時々資源ゴミの日はゴミお当番が回ってくる。
親切なお隣の若い奥様が
「お一人なのでしょう?単身赴任たいへんでしょう、 私がやりますのでいいですよ~」って、、、
今は、妻から、もうボチボチ可燃ゴミ、プラゴミ、資源ゴミの日覚えて頂戴!って叱られてま~す。
薪ストーブ 活躍始めましたね!

投稿: ナベショー | 2006年11月13日 (月) 13時41分

ナベショーさま

お隣の若い奥様はおやさしかったのにねーー!女房ときたら、、、、。

今度ゴミ出しを積極的にやってごらんなさいませ、近所の奥様方から賞賛の言葉を頂くことになるでしょう。あら、おやさしいんですねぇ~って。

そして奥様は、亭主をこき使って、、と悪評がたつでしょう。
ぜひ、試してごらんなさいませ!

投稿: なぎさ | 2006年11月13日 (月) 16時14分

私も最初大阪でゴミの分別が殆ど無いのを目の当たりにした時は夜も眠れないほどカルチャーショックを受けたんだよ~。けど郷に入ってしまえば慣れちゃった。けどマンションによっては分別がある程度あるところもあるし・・・けど最後は結局一緒になっちゃうんだとも聞きました。だけどやっぱり最終的には、自然に出来るだけ近い生活をしたいなあ~と、人は思うようになるのかなと都会生活を日々享受しつつも、おぼろげながらにおもっています。

投稿: 大阪の娘 | 2006年11月14日 (火) 00時44分

昨日、裏に置いていた、洗濯機を処分しに行ったら、五千円ほど
取られました。  しかも、その場では駄目で、郵便局にて、リサイクル券なるものを、買い求め相当煩わしいお思いをしました。
決められた事はきちんとしたいなぁ
うちの、おかんは、ごみ袋に袋が閉じきれないくらいに詰めるので父から、恥ずかしいからやめろといわれてるようだけど、おかまえなしです。ごみだし一つでも、いろんな人間模様が、かいまみれて、おもしろい。

投稿: 石鯛君 | 2006年11月14日 (火) 08時11分

大阪の娘さん

都会の生活を享受したあとはのんびり、田舎暮らしを楽しむ、、、。
これって理想的ですねー。今そういう人たちが増えていますね。

投稿: なぎさ | 2006年11月14日 (火) 21時04分

石鯛君さま

そちら様のオトンとオカンの攻防戦、おもしろいですね。

うちの場合はと申しますと、私がこれくらいでいいかな、とゴミを出そうとすると、オットが「ダメダメ、もっとはいる。」と言って、次の週まで出させない時ありますよ。

それだけ小まめに節約してても、お蔵は一向に建ちません。
ちなみにゴミ袋は一枚(大)40円也でございまするよ。

投稿: なぎさ | 2006年11月14日 (火) 21時11分

思いだしたよ、、
姫路でも、千葉でも、、
資源ゴミの日、、、アルミ缶、鉄缶、鉄くず、、、、市の収集車が来るまでにリアカーや自転車に乗ったおじさんが全部集めて満載して持っていったよ、、
お当番がアルミ缶を潰してるのを一緒に手伝って、持ってくおじさんも居たな~

投稿: ナベショー | 2006年11月17日 (金) 09時32分

ナベショーさま

そのちゃっかりと失敬していくおじさんはなかなかビジネス上手ですね。今頃大成しておおきな会社の社長さんになってたりして!

投稿: なぎさ | 2006年11月17日 (金) 20時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/76457/4151166

この記事へのトラックバック一覧です: 平成ゴミ事情:

« 女性は全生涯が結婚適齢期 | トップページ | そんなはずでは »