« 英会話は楽しく | トップページ | エコ廃油石鹸のススメ »

当世離乳食事情

_012_2 うちの子供たちが生まれて、二ヶ月たったら、刺身を食べさせました。と言えばたいていの人は驚愕のあまり、卒倒しそうになる。いけませんよー、そんな無茶なことしてぇー、一才になるまではそんな生の魚を食べさせたりしてはー。と言われる。そう言われてもこのことは、はるか昔に終了したことなので今さらどうしようもないことなのだ。

しかし、30数年前、私のお取り巻きのババさまたち(親類縁者、ご近所の)は確固たる口調で言ったものである。「よかと。五島の刺身は、消化が良くて、栄養が良くて、食べさしてよかとバイ」……(そういえばこのババさまたちもすでにこの世の人ではないな~。)

それで私もそうかな~と思い、小さく切った刺身にお醤油をチョンチョンとつけて、食べさせたものである。「ワー、オイシー、モット!」と言ったかどうかわからないが(なんといってもまだ生後二ヶ月ですからね、)喜んで食べ、コックンと飲み込んだものである。それでおなかが痛くなったり、下痢をしたり、ということはまるでなかった。

そういう話を、栄養大学を出て、ただ今、可愛い息子に離乳食を食べさせている、という知り合いのヤンママにしたところ、驚き呆れていた。彼女は息子の食べ物には細心の注意を払い、一つひとつ手作りし、市販の離乳食なども積極的に購入している、ということだった。

私などは、これといった特別なものを作った覚えはひとつもない。大人の食べるものを少しばかりのばして薄味にしたり、固形物はスプーンの背でつぶしたりしたくらいである。それでも首尾よく大きくなってくれて、これで親の責任は半分以上、果たしたつもりになったのである。

さて、「生後二ヶ月で刺身を食べさせても、全然問題ありません!」といくらこの私が声を大きくして言っても、「それでは」と実行する人はいないのだろうな~。  首尾よくいけばうちには3人のヨメハンが来ることになるだろうけれど、ヨメハンも「おかあさまのおっしゃることであれば、、、」なんて可愛いこというような、そんなケナゲなヨメハンがこの世にいるとは、、、考えられませんね!

写真は、塩アゴ(とびうお)を干しているところです。いいお天気ですぐに乾きました。

|

« 英会話は楽しく | トップページ | エコ廃油石鹸のススメ »

「育児」カテゴリの記事

コメント

そういえば、私も“離乳食”なるもの、とくに作った記憶はありませんね。
大人の食事から、適当に“これなら”と言うような、消化の良さそうなものを口に入れてやってました。
帆立の貝柱や、平目の刺身・・・結構早いうちから(2カ月では無かったと思うけれど)与えてましたね。
カレーや、山葵入り寿司なども、子供用なんてこと無かったし。
娘も息子も、健康に朗らかに育ちましたから、結果OKでしょう。

投稿: ばら色婆ァバ | 2006年10月 3日 (火) 13時28分

ばーば様

小さな旅に出かけていました。
行きも帰りも大シケでのびてしまいました。

またよろしくお願いしま~す^^

投稿: なぎさ | 2006年10月 5日 (木) 11時19分

ウチは大学と高校に行ってる3人娘ですけど
離乳食なんて適当ォにしてましたんで
まったく覚えていません
それほど適当ォで特別なことは何もやらなかったんですね

投稿: 便利屋 | 2006年10月 5日 (木) 17時25分

便利屋さま

うちではお口をあけて待ってる子に、なんでもいいから
放り込んでやっていたような気がします。

この頃では、犬や猫がペットフードを食べて生きていき、
人間の赤ん坊は缶詰や瓶詰めの食品を食べること、多くなったみたいですね!

投稿: なぎさ | 2006年10月 5日 (木) 22時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/76457/3671456

この記事へのトラックバック一覧です: 当世離乳食事情:

« 英会話は楽しく | トップページ | エコ廃油石鹸のススメ »