« 幸福の黄色いスイカ | トップページ | 子供たちへ お前たちの人生が多難であることを祈る 母 »

お船は待ってくれませぬ

_070 お昼の一時発のフェリーでオットは、(夫は今日はオットになりました)出かける予定だった。その前にちょっと寄り道して、知人に届け物をするつもりだった。ところが出かけようとすると来客があって少しばかり時間が遅くなった。

私は当然、寄り道しないで、桟橋へ直行するものと思っていた。届け物なら帰り道にこの私がいけばいいのだ。ところがオットは「だいじょうぶ、時間はあるんだから、まかせなさい!」と言って寄り道を強行しようとした。

大丈夫かな~、マガゴト(凶事)が起きねばいいけど、と思っていたが、自信たっぷりなので好きにしてもらうことにした。とっころがである。前方の車があらぬ所で止まっているので何事かと見たら、なんとトンネルの中で工事をしているそうなのである。ここで3分くらいロスをした。

それから信号に行き着けば赤ばっかり。これじゃあ間に合わないよねー、そうだ、船尾の、車など積み込む所へ直行すればギリギリで間に合うかもしれぬ。とそこへ息せききって駆けつけてみれば、あはれ、鉄の扉は堅く閉ざされ、ボーと汽笛一声、お船は岸を離れてしまった。

次の便までいささか時間があるのでいちおう家に帰ることにした。すると、なんかおなかすいたので晩ごはんを食べると言う。(3時半ころ) ついでにビールを飲めば船の中でキモチよーくネンネしていけるからと、飲んだり食べたりしてる間にワァ、大変!また乗り遅れそうじゃないの。

運転するのは必然的にこのあたしだ。さぁ急げや、急げ、もう二度と乗り遅れるわけにはいかぬ。乗り遅れて家に舞い戻ったりすれば、オカンに、もといお母様に(オットの母) 「あんたたち、何してるのーっ!」と一喝されるのはわかりきっておる。それで第一の関所、工事現場の手前の手旗信号を無視してくぐり抜け、信号も強引にブッ飛ばし、はー、ヤレヤレやっと間に合った。

帰り道で信号をかぞえてみたら、なんと6個もあった。いつの間に6個になったんでしょう?30数年前、五島に来た時はたしか1個だったような気がするのだけれど。けれどこれからは、6個の信号と不測の事態に備えて、もっと早くに家を出るべきだ、と肝に銘じたことだった。

(写真はてっせん、 です。枯れたのかと思っていたら、いつの間にか再生して花を咲かせました。不思議な花ですね!)

|

« 幸福の黄色いスイカ | トップページ | 子供たちへ お前たちの人生が多難であることを祈る 母 »

ドジなわたし」カテゴリの記事

コメント

まずは、何とか無事に次の船に乗れて幸いでした。
どんなに時間に余裕を持って家を出ても、何かアクシデントがあればオジャン。
東京では、新幹線や飛行機に乗りたい時は、先ず電車(事故さえなければ時間は確実)です。
車で首都高にでも入ろうものなら、何時着けるか分かりませんもの。
飛行場に直行するリムジンの運転者でさえ「責任持てないから電車を奨めます」って言うくらい。

投稿: ばら色婆ァバ | 2006年9月 3日 (日) 15時29分

ばーば様
ほんとうに都会で一番、確実なのは電車かもしれませんね。

五島には電車は走っておりません。バスはありますがなかなか乗る人がいなくて、いきおい車社会になってしまっています。

投稿: なぎさ | 2006年9月 3日 (日) 21時25分

まあ、間が悪い時ってあるんですね~
信号が全部 赤、、、
この時ばかりは暴走族かあちゃん 、、だね!
お目目が前方に飛び出してたりして、、、

投稿: ナベショー | 2006年9月 3日 (日) 21時44分

ナベショー様

ほんと、このかあちゃんは必死で走りましたね!
早くとうちゃんから解放されたくて、、、。エヘ

投稿: なぎさ | 2006年9月 3日 (日) 22時03分

ウフフッ
なんだかハリウッド映画のカーチェイスみたいにドキドキしましたよ♪
運転お気を付けくださいね!

投稿: 便利屋 | 2006年9月 4日 (月) 18時05分

便利屋さま

このあいだ、急ぐことあって、ばんばん飛ばしていたら、「ちょっとこちらへ」と言われて、12,000円も国庫に投じました。なんのために急いでいたのやら、、、?

おたくのコメントはなかなかスンナリはいっていかないことになっておりますね?デバッグ、とかデバッガとかよくわからないでいます。

投稿: なぎさ | 2006年9月 4日 (月) 20時56分

あ、申し訳ありません!
最近ライブドアが調子悪いようなんです
もしかしたらホリエモンの怨念かと・・・

投稿: 便利屋 | 2006年9月 8日 (金) 21時01分

便利やさま

ホリエモンの怨念ですねー。
けれどなんかホリエモンってちっとも悪くおもえないんですよね。
またがんばってね!  と心のなかでエールを送ってます。

いつも楽しく読ませて貰ってます。高校生の万引きの話、感動しました。友達にも読んでねーとおふれをだしています。

投稿: なぎさ | 2006年9月 9日 (土) 08時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/76457/3297934

この記事へのトラックバック一覧です: お船は待ってくれませぬ:

« 幸福の黄色いスイカ | トップページ | 子供たちへ お前たちの人生が多難であることを祈る 母 »