« ♪私を月まで連れてって | トップページ | 新潟美人のMさんのこと »

どこにもいないのでここに来る

_071 一年くらい前のこと、テレビで俳句の番組を見ていた私は、おもしろい句だなーと思って急いでメモをした。

   夫(つま)逝きて  どこにもいないので  ここ(墓所)に来る

このぶっきらぼうな感じが忘れがたかったのだが、時々このメモをながめているうちに、だんだんと作者の深い悲しみが伝わってくるような気がしてきた。作者は、夫がすでにこの世の人ではなく、どこにもいないことは頭ではわかっているのだけれど、姿が見えないのでついにお墓までやってくる、ということだろうか。

30数年前に五島にヨメに来た私は、女の人たちが毎朝こぞってお墓参りに行くのに驚き、少し呆れた。実家の方でも折々にお墓の掃除をしてお参りはするものの、毎日ヤカン持参でお参りに行く習慣はなかった、と思う。

けれどもこのお墓参りは義務でも賦役でもなく、一つの愉しみであることはすぐにわかった。お墓参りは大手を振って家を留守に出来るチャンスでもあるし、ついでに社交にもはげめる有効な時間なのである。私は「今朝、お墓で聞いた話なんだけどね」といった話をこれまでいくらも聞いてきた。

そしてまたお墓参りは、船乗りをしている、また漁に出ている夫や息子の無事をご先祖さまにお願いに行く大切な日課なのである。むしろこのお願いがあるからこそ人々は、朝な夕な、お墓に詣でる習慣を身に付けたのかもしれない。

驚くべきことにこの頃では私もすっかりお墓参り大好き人間になってしまった。喜こばしい出来事があればご先祖さまに報告したいと思うし、精神的に辛いことあれば、黙って水を取替え、お花を差し替えるだけで心は不思議と安らいでくる。お墓のいいところは、なにも言わなくてもいいことである。ここは魂が交信する所なのだから、いちいち説明は要らないし、黙っていてもご先祖様はわかってくださるのである。

お墓の在りようやお骨の扱いについて、いろいろな考え方があると思うけれど、今の私は、お墓もお骨も善きものかな、と思っている。

|

« ♪私を月まで連れてって | トップページ | 新潟美人のMさんのこと »

あゝ夫婦」カテゴリの記事

コメント

フムフムなぎさちゃん今日はお墓ね・・きっと身内に感じる処ありかな?
私のうちね 先祖の墓ないでしょ。だからあんまり言えんけど広場に柵なしでタイトルの様に野の花が咲き線香も持たず小鳥を葬る様に子供が 孫が 野菊をつんで遊び摘んできてくれる・・・・あこがれ!
今日とても心静かな日・・元気でいて欲しい。

投稿: | 2006年8月10日 (木) 10時31分

子供が孫が、、、野のはなを摘んで来てくれる、、いいですね~。

その夢かないますように!

そこもじきに草ぼーぼーとなって、どこになにがあったやらわからなくなることでしょう。

野の花も 風さへも何も知らない、、、。そっちのほうがいいかしら?
お墓大好きと言ってしまったけれど、早々と宗旨がえしようかな~(^.^)

投稿: なぎさ | 2006年8月10日 (木) 19時49分

身近なところに、日々御守をしてくれる人がいてのお墓なんだよね~
最近はインターネットのお墓もあるそうですね。
永代供養で、ボツボツ○○回忌ですよ~ってメールで知らせてくれて、
パソコン画面でお墓参り、、、、

投稿: ナベショー | 2006年8月10日 (木) 21時51分

ナベショー様
ほんとにいろいろアリの世の中ですねー。
けれど一族が集まって、ワイワイガヤガヤ 故人を偲ぶのも良きかな、と思いますけどね。そんなこと、言ってられない時代になってしまいました。

投稿: なぎさ | 2006年8月11日 (金) 20時10分

そうですね。
何回忌、とか、記念会、葬式、結婚式、、冠婚葬祭くらいしか、親戚一同が集まることはなりましたね。
父は7人兄弟の5男だったのに、田舎の家に住んで先祖の墓守してた。
ことあるごとに親戚が集まるとき、兄貴たち家族が大勢当然のように兄貴風ふかしてやってきた。
母はいつも悔しくて怒っていました。
ナベショーには、墓と葬式、法事まどにたいするトラウマがあるんでしょうね

投稿: ナベショー | 2006年8月11日 (金) 21時49分

ナベショーさま

そうよ!1000円くらいの菓子折りひとつもってきたくらいで、兄貴だぞ!って顔して威張ってほしくないわよ!プンプン

母上にかわってなぎさが怒り心頭に発しています!

ほんとうに迎える方の苦労といったらありませんね。首尾よく出来て当たり前なんですからねー。

投稿: なぎさ | 2006年8月11日 (金) 22時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/76457/2999124

この記事へのトラックバック一覧です: どこにもいないのでここに来る:

« ♪私を月まで連れてって | トップページ | 新潟美人のMさんのこと »