« Mさんのしあわせ | トップページ | 名も知らぬ遠き島より »

今年のスイカはよいスイカ

_036 この夏、我が家ではスイカの苗を二本植え、1個だけ収穫した。写真手前の恥ずかしそうなピンク色したのがそうである。あと一ヶ月くらい畑に置いていたほうがよかったんじゃないの?と皆から言われたけれどもう遅い。

スイカ栽培にチャレンジして二年目、という方が、沢山獲れましたから~、と言って3個持ってきて下さった。切ってみたらワォ! 黄色いスイカだった。まず17個収穫して、あと二番生りというのが25個、畑で育っているそうである。全部で42個! 24センチのお皿に乗りきれないくらいだけれど、すべてのスイカが5キロから8キロあるそうである。

このスイカを作った人、Hさんはもと看護婦さんだった人でとても研究熱心な人である。はじめの年はたったの一個だったけれど、なんとかおいしいスイカを作ろうと手当たり次第に本を読み、自分の母親がしていたことなども参考にしてあらゆる努力を惜しまなかった、ということだった。

まず土作りが大切だとばかり、山へ落ち葉を拾いに行き、背に背負ってヨイヨイと下りてくる。カヤがいいと聞けば、リヤカー引いてカヤを切りに行き、みずから引っ張ってくる。私たちは Hさんがみるみる日焼けをして、黒い顔になっていくのをいつも見ていたのだった。

どんなふうにしてカラス除けをしたかというと、H さんは黒い糸を張り巡らしたそうである。なぜかカラスは黒い糸が嫌いらしい。それで一個の被害もなかったということだった。

栽培方法についてはネホリハホリ聞いたので、来年度にこれをキチンと実行すれば、我々だって42個の収穫を期待できるかもしれない。けれど道ははるかに険しい。(まず黒い顔になるのを覚悟せねばなるまい)  H さんは来年も上出来だったら、また‘大きいほうから3個’差し上げます、と言ってくれたので 「もう貰って食べることにしようかぁ~」、なんていう気にもなりかけている。

いただいたスイカは4つに切って、また切って8等分にしたものを、ご近所に配ったり、うちに来た人に差し上げたりしていたら、アララ、うちの分がなくなりかけていた。黄色いスイカってほんとうに珍しくてきれいで、みなさん「まーっ!」と感嘆の声をあげ喜んでくださったのだった。幸せの黄色いハンカチ、、ならぬ 黄色いスイカだねー。 来年、植えるとしたら黄色いスイカにしようかなー。

ウンニャ、うちの畑のスイカのほうが上等だわい!という方はどうぞ手を挙げて名乗りでてくださいね。どんなふうにして作ったかネホリハホリ、インタビューさせて頂きます。

書き忘れていましたが、H さんは二本、苗を植えたのだそうです。二本で42個だなんてすごい成績だと思いませんか?

|

« Mさんのしあわせ | トップページ | 名も知らぬ遠き島より »

「はじめてのアグリカルチャー」カテゴリの記事

コメント

黄色い西瓜いいですねぇ、少しクリーム色が良い。でも西瓜と言えば北海道の、でんすけ西瓜が最高だと思う。色は真っ黒してるけど、味は最高ですよ。どうにかして、種を仕入れたらいいですね。北海道ではかなり有名です。価格も、かなりお高く一万円ほど  買えば高いから 自分で作っちゃえってね。西瓜だいすきくんでした。

投稿: 石鯛君 | 2006年8月22日 (火) 09時18分

石鯛君さま

でんすけ西瓜というのはよく知りませんが、いつかお店で見た、四角で黒い西瓜のことではないでしょうか。

種や苗をゲットするのが大変そうですね。

投稿: なぎさ | 2006年8月22日 (火) 13時43分

デンスケスイカ、本当にスイカの最高峰ですよ。
四角ではなくまん丸ですが・・・、似たような、黒い皮のダイナマイトスイカというのもあるけれど、これも美味しい。
ちなみに、四角いのは、贈答用に小さいうちに箱に入れて育てるからで、どんなスイカでも出来ます。

投稿: ばら色婆ァバ | 2006年8月22日 (火) 15時32分

ばーば様

スイカの最高峰をいつか極めないといけませんね。
あとでネットでいろいろ見てみましょう。けれど栽培するのは大変な仕事ですね。

投稿: なぎさ | 2006年8月22日 (火) 17時52分

今年は、夏の初めにスイカを食べたきりで、ろくに味わっていません。
ということに、なぎささんの日記を読んで気がつきました(笑)
美味しいスイカを食べたいなぁ。
デンスケスイカ、一度食べてみたいです。

しかし、2本の苗で42個って、マジすごいですねぇ。

投稿: さーやん | 2006年8月22日 (火) 22時40分

さーやん様

お店で切り分けて売っているスイカって結構なお値段がしますよね。ほんとうにおいしいんだろうかと、二の足踏みます。

子供の頃、庭先で豪快に食べたあのスイカの味が最高だったような気がします。

デンスケスイカ、1万円もするものなら、みんなで少しずつ味見をしたいですね(^^♪

投稿: なぎさ | 2006年8月23日 (水) 06時05分

2本で42個か~!
来年は挑戦してみようか!
でも、ナベショーの畑の横の電柱の上で、いつもカラスが数羽、クワ~クワ~って鳴いて、みてるからな~
黒糸の太さ、糸の間隔、高さは?

投稿: ナベショー | 2006年8月23日 (水) 09時20分

はじめまして!
先日はコメントありがとうございました
私の高校の恩師も引退してから田舎に畑を作り
タヌキやらカラスやらと闘いながら野菜や果物を作っています
活き活きしている顔を見ると羨ましくなりますね
また遊びに来ますよ
よろしくお願いしま~す!

投稿: 便利屋 | 2006年8月23日 (水) 14時48分

ナベショーさま


ほんとにカラスって賢いんですよね。ミーが5月の晴れた日にゴキブリ団子を干しますでしょ、味見もしないのに「あれは毒じゃよ」ってわかるらしくて、知らない振りしてますね

梅干をこの間干しましたが、これもあっち向いてました。酸っぱいってわかるんだー。


で、お餅を賽の目に切ったのを、カラスはそのへんにいないようだったので、ちょっとだけのつもりでお日様に当てていて、5分ほど家の中にはいっていたら、、、もう無惨にも残りはありませんでした。


黒い糸のことですが今度見学してきます、私も聞いただけではわからないものですから、気になっています。カラスとの攻防、楽しいですね?

投稿: なぎさ | 2006年8月23日 (水) 16時07分

便利やさま

タヌキが出没する所もあるのですねー。

もともと日本人のすべてが農耕民族なのですから、ココロの奥深くに土にさわって、野菜や果物を作りたい願望があるのではないでしょうか(^^)v

投稿: なぎさ | 2006年8月23日 (水) 16時15分

黄色いスイカ北海道でも良く作っていますよ。
「クリームすいか」と、呼ばれていますよ。
私の住んでいる北海道は美味しい野菜、果物でいっぱいです。
またブログにも遊びに来てくださいね!

投稿: KIMURA M子 | 2006年8月23日 (水) 18時16分

KIMURA M子さま

黄色いスイカは五島にきて初めて見ました。それでちょっと興奮してしまって配りまくったしだいです。

私の北限は猪苗代湖のほとりです。いつの日か北海道に行ってみたいですね、あこがれています。

投稿: なぎさ | 2006年8月23日 (水) 21時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/76457/3162615

この記事へのトラックバック一覧です: 今年のスイカはよいスイカ:

« Mさんのしあわせ | トップページ | 名も知らぬ遠き島より »