« ある夏の日の思い出 | トップページ | ♪私を月まで連れてって »

どのバナナがほんとうのお月さま?

_065 先ほど、7時50分頃、用事で外にでたら三日月がでていた。

三日月をみるとかならず思い出すことがある。

ムスメ(次女、その時小学校の二年生だった)と夜道を歩いているとムスメは不意に言った。「おかーさん、どのバナナがほんとうのお月様?」

「え?」と急いで夜空を見上げるとそこには一本のバナナが、、もとい、三日月さまがでてござった。ムスメの眼にはバナナの房が見えていたのだろう。

翌日、眼科に行くと、ひどい乱視であることがわかった。それまでいろいろ訴えていたのだが私は聞き流していたのだった。

さあ、メガネを作りましょう、ということになったのだがムスメはガンとして「コンタクトにする」といって聞かない。ダメ~!コンタクトなんて高校生になってから!と私は言うのだがどうしても譲らない。

私の友達が言った事がある。「メガネを一番かけていたい時って、一番かけていたくない時なんだよね。」  さあ、これは難しいフレーズである。つまりこういうこと。憧れのきみがそのあたりに出現した時、しっかりメガネをかけて一挙手、一投足をみていたいのである。けれどその時は彼にメガネをかけている自分を見られたくない時なのである。

小2のムスメがそんなことを考えていたとは思わないが、その強情なのに根負けしてとうとうメガネとコンタクトを作ることになってしまった。

そのムスメも今は大学生になって、親の干渉の届かない遠い所で楽しくやっているらしい。らしい、というのは、本人が申告する以外のことはなぁ~んにも伝わってこないからである。

(お月様の写真を撮りたかったけれど出来なかったので、その辺の海の写真を載せてみました。)

|

« ある夏の日の思い出 | トップページ | ♪私を月まで連れてって »

親と子」カテゴリの記事

コメント

あたしも小3から乱視で眼鏡をかけてます。
まぁ、授業中だけなので、ひどくはないですが。
でも、小2で気付いてあげられて良かったですね。
私の母もひどい乱視で、電気が2つに見えるって何度も親に訴えていたらしいですが、なかなかわかってもらえなかったそうです。
どんな小さな障害も人には辛いものです。
それが皆、それぞれの個性といえるくらい、小さな小さなものとなる日が来ますように。

投稿: 優 | 2006年7月31日 (月) 22時58分

優さん、こんばんは
優さんはメガネ派なんですね。メガネのほうが扱いやすくていいですよね。

人の痛みってなかなかわかりにくいものですから、コマリモノです。実際に経験した人でないとわかりあえないかもしれませんね。

投稿: なぎさ | 2006年8月 1日 (火) 22時45分

そのとおりですね。
人の痛み、心の苦しみを我がこととして共感すること、、そう~たいへんやったんやね~  と、その言葉で癒されます。

投稿: ナベショー | 2006年8月 2日 (水) 21時55分

なぎさ様ナベショー様いつも楽しく拝読しています
美しい海 実在する光景なんですね。そっと覗き見しかできないけど気にかけながら応援してます。

投稿: | 2006年8月 3日 (木) 09時05分

ナベショー様
お月様の写真をとるのは難しいでしょうか?
いつか見せてくださいね~

投稿: なぎさ | 2006年8月 3日 (木) 12時23分

匿名さま
今まではこの海をシミジミと眺める余裕さへなかったような気もしますが
せっかくこんないい所に暮らしているのですから、これからは色々な海の表情も気にしながら、(デジカメ携行も忘れずに)やっていきたいと思います。

投稿: なぎさ | 2006年8月 3日 (木) 12時31分

どうも写真がヘタで、ピントが合わないのは「カメラが悪い」と決め付けていました。
夫が「最近の新聞を読んでいる姿から察するに、そろそろ眼鏡が必要じゃないのかなぁ」・・・で、検眼に行ったら「老眼が始まってますね」。
生まれて初めての眼鏡です。
たくさん怪我もして、たくさん病気もして、病院の馴染み客?だったけれど、歯・目だけは・・・と思っていたの。
還暦過ぎたのだから、しょうが無いけれど、残る歯科の窓口は縁遠いように。

投稿: ばら色婆ァバ | 2006年8月 3日 (木) 13時43分

ばーば様
眼も歯も人並み以上に上等なんですね。
網元の娘さんで、幼少のころから、おやつもサカナ、といった暮らしが良かったんじゃないでしょうか。ふつう老化は眼と歯から、といいますからねー。

投稿: なぎさ | 2006年8月 3日 (木) 21時47分

なぎささん、こんばんは。

うちの長男は、色弱(色盲)であったのに、やはり小学校2年の検査まで気がついてやれませんでした。
色弱と結果が出て、初めていろいろ訴えていた事に合点がいったしだい。
色盲とは、全部の色がわからないのだと思っていたために、息子の訴えている事に結びつかなかったのです。
今でも可哀想な事をしたと思っています。

親って、一生懸命子供のためにいろいろやっていても、案外見えていないこともあるんですよね^^;

投稿: さーやん | 2006年8月 3日 (木) 22時32分

お月様の写真、、、難しいだろうなあ~
しっかりした三脚に固定し、露出時間をウ~ンと長くして、カメラを地球の自転に合わせて回転させねばならず、、、、、
たぶんちっちゃなバナナの房のような写真になると思うよ。
しかし、なぎささまはこんなに美しい海、海岸でおぼれそうになったんですね?

投稿: ナベショー | 2006年8月 4日 (金) 09時21分

ナベショウー様私もなぎささまの事思っていました。ナベショー様何でも器用な方なんですね.知識あり尊敬しています。

投稿: | 2006年8月 4日 (金) 13時50分

さーやん様
そうそう、案外、見当はずれのことを一所懸命やっていたかもしれません。子供にしてみたら有難迷惑だったかもしれない、と思うこといろいろあります。(もう遅い!)

投稿: なぎさ | 2006年8月 4日 (金) 17時37分

ナベショー様
お月様の写真がそんなに難しいだなんて!

海は、自然はそうやさしくありませんね。いつ牙をむくか。畑だって放置してれば草ボーボーですからねー。

投稿: なぎさ | 2006年8月 4日 (金) 17時40分

庭も畑も草ぼうぼう、、、、、
お盆休みには、お客さんが来られるちゅうに、、、、
しかも、ナベショーさんの素敵な庭見るの楽しみだわ! って、
鎌持って、、、草刈機動かして、、、駄目かな??
腰をかばいながら、そのことばかり思案してる毎日です。

匿名さま
ナベショーの知識、、時々とんでもない勘違いをさもほんとみたいに書いていますのでご注意のこと!!
でもなあ~ お月様の写真ね~
麗しきレデイー様方にここまで言われて、引き下がれないな~
今日、「天体写真の撮り方って本」 本屋へ探しに行くか、、、

投稿: ナベショー | 2006年8月 5日 (土) 09時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/76457/2881669

この記事へのトラックバック一覧です: どのバナナがほんとうのお月さま?:

« ある夏の日の思い出 | トップページ | ♪私を月まで連れてって »