« 死ぬほどビールが好きだったのね | トップページ | 占い 大好き »

ハッピーエンドでよかったね~

_004_1 さて、「風と共に去りぬ」の続編を書くという重責を担ったのは歴史小説家、アレクサンドラ・リプリーという南部の女性である。日本語訳は森瑤子。

レットに去られたスカーレットは運命に導かれるままに父祖の地、アイルランドへ向かう。そこでのんびりしている間に、レットが容姿はさほどではないが、心根のやさしいアンという女性と結婚したことを知る。ガーーンと打ちのめされるスカーレット。

しかし一晩寝て体勢を整えたスカーレットはめげずに再起を誓う。

「なによ、これで人生が終わったわけじゃなし」と発奮し農園主として手腕を振るい、のちにダブリンの社交界にデビュー、あまたの男達にチヤホヤされることになる。

けれどスカーレットとしては「レットじゃなきゃイヤ」とココロの奥深く思っているので、おもしろおかしく過ごしていても憂愁は晴れないのであった。そんな時、「レットの次に好きかなぁ~」という男性が現れる。どうするスカーレット!(レットはすでに妻子持ちだし、もうイイかぁ)

時はあたかもイギリスとアイルランドの抗争のさなか、スカーレットは人生最大のピンチに立たされる。あわや、という時、レットが鞍馬天狗のごとくに現れスカーレットとその娘(実はレットの娘でもあるのだが)を救出することになる。

スカーレットにとっては幸運なことだがレットは妻と子供を亡くし、失意のうちにアイルランドに来ていたのだった。ま、いろいろあったけどメデタシ、メデタシ。二人は再出発を誓うのでした。

私の机の前にはアイルランドの地図が貼ってある。傷心のスカーレットが見たであろうアイルランドの空と海を私も見ることがあるだろうか、と考える。、、、、、、、、なさそ。

けれど佐賀のがばいばあちゃんも言っていた。‘死ぬまで’夢を持て、と。かなわなくても所詮それは夢だからと。

まあ、そんなわけでわたくしも見果てぬ夢をみつづけることにいたします。

|

« 死ぬほどビールが好きだったのね | トップページ | 占い 大好き »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

スカーレットとレットは、もう一度一緒になってハッピーエンドだったんですか!
男はつれなくされた激しい女であればあるほど、一生こだわり続けてしまうのですね、、、、かわいそうに。
せっかく一緒になったのに、また喧嘩別れてしまうのではと心配します。

投稿: ナベショー | 2006年6月26日 (月) 06時35分

スカーレットもレットも痛い思いをしていろいろと学習しましたから、もう大丈夫じゃないかなと思っています。
続編「スカーレット」は読み始めたとき違和感があって、楽しくなかったのですが、だんだんと面白くなりました。二人の屈折した心理の描写がなんともいえず楽しかったですね!

投稿: なぎさ | 2006年6月26日 (月) 12時49分

なぎさ様
「マジソン郡の橋」にも続編「マジソン郡の橋 終楽章」があります。
男と女の美しい出会いと激しい恋、そして別れの物語、読者はその後の二人の人生に我が身のほんの少しばかりを重ね合わせ、もしやして再会、、、、と想像を掻き立てます。
スカーレットとレットのようにフランチェスカとロバートは、遂に再会出来なかったたけど、、、

投稿: ナベショー | 2006年6月27日 (火) 13時35分

続編は賛否両論ありますよね・・・^^;

投稿: まさひろ | 2006年6月28日 (水) 08時34分

ナベショー様
思うんですが、続編を書きたいという人みんなに書かせたら、いく通りもの物語ができて楽しいと思いませんか?
興味のある人はあれもこれも読んで楽しめばいいと思います。もっとも版権とかややこしい問題があるそうですが。

投稿: なぎさ | 2006年6月28日 (水) 21時18分

まさひろ様
やはり物語の持つ雰囲気がガラリと変わってしまうことあると思います。でも不思議ですね、架空の人物に結構思い入れしてしまうということ。まるで実在の人物みたいに思ってしまうんですから!想像力って人間だけに与えられた力だそうです。

投稿: なぎさ | 2006年6月28日 (水) 21時26分

人生総てHappy end ならいいのでしょうが、現実はそうもいきません。
マ、波乱万丈も、死ぬときには「いろいろあって、飽きずにここまで来た。人が経験しないことも経験したかも」と、自分に納得させようと、一生懸命言い聞かせてるの。
それぞれの人生、振り返れば、きっと小説のようなことが何度かあるはず、自分のことだと夢中に過ぎ、つらいことは忘れようと本能が働き、気付かずにいるだけ・・・忘れていられるのが、Happy end に繋がる?。

投稿: ばら色婆ァバ | 2006年6月29日 (木) 08時02分

ベルバラ様
忘れることはシアワセにつながると思います。
忘却なくして幸福はありえない、、、とアンドレ・モロワは言ったそうです。

投稿: なぎさ | 2006年6月29日 (木) 21時10分

ブログに、自分の作品(物語や随筆、小説)を掲載してみませんか?

楽しいですよ^^

投稿: まさひろ | 2006年7月 1日 (土) 20時46分

まさひろ様
物語、随筆、小説、全然、持ち合わせがありませんね~、残念ながら。

投稿: なぎさ | 2006年7月 2日 (日) 22時01分

ブログに足跡ありがとうございました。
リンクさせて頂きました。
どうかよろしくお願いしますね。

「風と共に去りぬ」の続編が出たのは
だいぶ前だったような気がします。
結局読まずに今に至っているのですが
そういうラストなんですね。
知らなかったです。

スカーレットのあの気の強さというか
なりふり構わなさっていうか、
本でも、映画でもちょっとひいた記憶があります。
(読んだのが中学だったし。(笑))
でも、今読み返せば、共感できる部分もいっぱいあるのかも
しれないなぁって思います。

レットはセクシーで大好きです。(; ̄ー ̄A アセアセ・・・

投稿: 陶片木 | 2006年7月 7日 (金) 10時29分

陶片木さま
ほんとほんと、セクシーですよね。
そしてまた、男の純情、みたいなもの感じますよね!
えへ、わたしって男心わかるのかしら、、、?

投稿: なぎさ | 2006年7月 8日 (土) 11時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/76457/2377678

この記事へのトラックバック一覧です: ハッピーエンドでよかったね~:

« 死ぬほどビールが好きだったのね | トップページ | 占い 大好き »