« エスケープ症候群に関する考察   紫蘭 | トップページ | 大きな誤算 »

佐賀のがばいばあちゃんに乾杯!

_005_1 福岡に住んでいる伯母が「こんなにおもしろい本がありますよ~」と電話をしてきたのは2ヶ月くらい前のことだったろうか。

それは島田洋七著 「佐賀のがばいばあちゃん」シリーズであった。私達はそれ以来家族こぞって がばいばあちゃん のファンになってしまった。

がばいばあちゃんとは島田氏の祖母にあたる人である。夫亡きあと7人の子供をかかえ戦後の混乱の中を、たくまざるユーモアと知恵と才覚とで生き抜いた、いわば肝っ玉母さんなのである。

それは映画化されて先日、東京、大阪に先駆けて福岡で上演されたのだが、うちの母、(正確にいうと夫の母ですね)も張り切って見に行った。映画が終わったあと島田氏のちょっとしたスピーチがあったそうなのだが、その後ロビーに出て、島田氏の姿を見かけた母は、足の痛いのも忘れ追いかけて行った。

そして「先生のご本、3冊読みました!」と言って握手などして貰ったそうなのである。(実はその時まだ2冊しか読んでいなかった!)

戦後の混乱期に苦労をした母はゴマンといたであろう。けれどこのおばあちゃんは決して泣き言など言わず子供や孫にいつも「笑顔で生きんしゃい」と教えて育てたのである。それにまたそのユーモアのセンスが抜群なのである!

なにかあるとすぐにヘコンデしまう私だが佐賀のがばいばあちゃんを見習ってどんな時でも 「楽しく生きる術」をみつけなくては、、、。

「がばい」って佐賀弁で 「すごい」 という意味だそうですよ。

|

« エスケープ症候群に関する考察   紫蘭 | トップページ | 大きな誤算 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

私もね、がばい婆ちゃんが、腹を空かした孫に「それゃぁ気のせいじゃが」と言うくだり、笑って泣きました。
あの頃は、みんなお腹は満腹していなかったでしょうが、精神が豊かだったのでしょうね。
いまは、お腹は満ちても、精神が飢えているようです。

投稿: ばら色婆ァバ | 2006年5月31日 (水) 07時24分

素敵な可愛い 文章有りのまま 貴方文学少女みたい。
楽しみに投稿読ませて頂きます。

投稿: | 2006年5月31日 (水) 09時02分

がばいばあちゃんは面白いですね。
それでいて、じ~んとくる・・・。
ばあちゃんの人柄でしょうか?

投稿: まさひろ | 2006年5月31日 (水) 21時29分

ベルバラ様
まぁ なんでも良く読んでいらっしゃるのですね!こちらは伯母から勧められなければ永遠に読まなかったことでしょう。


匿名希望さま
文学少女ですか?寝そべって本を読んでいられたあの頃、、、。夢見る美少女、、、。今や押しも押されぬ中年おばさんに成り果てにけり~~というところですよ(^_^)

投稿: なぎさ | 2006年5月31日 (水) 21時37分

ナベショーも読んでみよう。
しかし、妻亡き後、男手一つで○人の子供を立派に育てた、、、てのは、ないですね~

肝っ玉父さんってのも言わないし、、、。
母は強し、、ですね。

投稿: ナベショー | 2006年5月31日 (水) 23時08分

まさひろ様
マゴがもっと勉強したい! と言った時、ばーちゃんたら「せんでもいい、癖になるから」と言いましたよね。今時、大人はお願いして子供に勉強して貰っているのに、、ほんとに桁はずれに大きいおばあちゃんだと思います。

投稿: なぎさ | 2006年6月 1日 (木) 22時24分

ナベ様
涙あり、笑いあり、ペーソスあり、のいいお話ですよ。今度、雨が降った時、ゆっくりお読みくださいませ。

投稿: なぎさ | 2006年6月 1日 (木) 22時27分

「笑顔で生きんしゃい」
いい言葉ですね。
はじめまして。
おもしろそうな本を探して旅の途中でした。

投稿: zai | 2006年6月 2日 (金) 00時25分

zai様
旅の途中でお立ち寄りくださいまして有難うございます。
今、巷には本が溢れていますのでどれを読んだらいいのか
目が眩みそうになりますね。
また気がむきましたらお立ち寄りください!

投稿: なぎさ | 2006年6月 2日 (金) 09時54分

ういんく 様
佐賀のばあちゃんの知恵と勇気とエスプリには脱帽ですね!
今度3冊目を読もうとしていますよ。

投稿: なぎさ | 2006年6月10日 (土) 21時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/76457/2001132

この記事へのトラックバック一覧です: 佐賀のがばいばあちゃんに乾杯!:

« エスケープ症候群に関する考察   紫蘭 | トップページ | 大きな誤算 »